病気で生活苦になったらどうしたらいいの?

病気を患うと、働くことが困難になる場合があります。
長期による病気で、貯金も底をついてしまい、親や親戚にも頼れないなど、本当の生活苦になってしまったときには、市区町村の窓口や地域の民生委員などに相談して、生活保護の制度を利用します。
生活保護の制度とは、国や厚生労働省が、対象者の資産や働ける能力など考慮し、生活の立て直しが難しと判断した場合、その状況に応じて必要な生活保護を行います。
健康で文化的な生活が送れるよう、制定限度の保障を行い、また将来的には自立を助長するものとなっています。
病気で仕事に就けない場合の生活苦は、完治すれば、再び自立した生活に戻れる可能性もあるため、一定の条件さえ満たせば、ほほ適用されることになるでしょう。
生活保護で受けることができる扶助としては、食費、水道光熱費などの生活扶助、賃貸アパートの家賃などに関する住宅扶助など生活に関わる援助があります。
また、義務教育中のお子さんの学用品や修学旅行の費用などの教育扶助、医療に関する医療扶助、介護に関する介護扶助、その他に出産扶助、生業扶助、葬祭扶助もあります。
金銭で支給されるものと医療券などが発行されるものがあります。

seikatsu01

生活苦になるとパチンコにはまる?

生活苦とパチンコは密接な関係があり、特に経済的に余裕のない方ほどギャンブルを好む傾向があります。
現在の仕事では、収入アップが期待できないと考えたとき、ギャンブルで一攫千金を狙おうなどと考えてしまいます。
しかし、ギャンブルはトータルすると確実に負けるような仕組みになっており、プロでもない限りはギャンブルで食べていくことはできません。
たまに勝つからその気になってしまうのでしょうが、半年、1年といった長期スパンで見ると損をしているはずです。
生活苦の原因がパチンコにある以上、それをやめていくのが何よりの対策となります。
そのためには自分がどのくらいパチンコで浪費しているのか把握する必要があります。
使用した金額、勝った金額、負けた金額などを記録として残しておき、どの程度のマイナスになっているのか把握しましょう。
トータルして損をしていると感じたら、それ以上続けるのは得策ではありません。
ギャンブルは決して悪いことではありませんが、自分の小遣いの範囲で楽しむものなのです。
生活苦になるほどパチンコする方は、いずれ借金をするようになります。
借金には利息がつくので、ますます生活は逼迫していくでしょう。
ギャンブルによる借金は癖になりやすいので注意してください。

seikatsu02

派遣社員でも生活苦に陥らないためには?

派遣社員の方は正社員の方と比べると給料が大幅に少ないことが多く、契約更新されなければ、生活苦に陥ってしまう恐れがあります。
また、低所得者には、パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブルにのめりこんでしまう人が多い傾向にあるため、負の連鎖が広がりやすいといわれています。
派遣社員で、給料が安いと、それなりの生活をしなければなりません。
パチンコやパチスロが好きな方はリスクの少ない1円パチンコや5円スロットにしておきましょう。
生活苦陥らないためには、なるべく正社員の職を探すことで生活苦のリスクを減らすことができます。
ハローワークや求人雑誌、求人サイトを利用して視野を広げて探すことによって、今より給料が高い働き先が見つかりやすくなります。
もし、見つからない場合や、正社員になるつもりはないという方は、より待遇が良い派遣会社や契約社員の職を見つけることで、月々の収入を増やすことが出来ます。
今の生活で満足しているならば、現在働いている派遣会社で働き続けて問題ないかと思いますが、将来が不安であれば、働きながら職を見つけることをおすすめします。
ハローワークに通えない場合、求人雑誌や求人サイトの活用もおすすめします。

seikatsu03

弁護士に相談するべき?

生活苦に悩んでいるなら弁護士に相談するのも一つの方法です。
給料が少なくて困っているなら転職をして、今よりも高収入の仕事に就くしかないでしょう。
もしくは副業をして、プラスαの収入を得るという手もあります。
しかし生活苦の原因が借金にあり、返済ができない状況にあるなら弁護士に相談するべきです。
自分でコツコツと返済するのが理想ですが、利息を減らすのが精一杯、カードローンの完済まで10年以上かかる、といった状況なら自力解決は難しいと言えます。
カードローンなどは毎月の返済額を少額にできますが、少額にすると利息が増える仕組みになっています。
日割で利息が加算されていくので、長期借入をするためのローンではないのです。
借金による生活苦を弁護士に相談すると、相談者に合った債務整理を紹介してくれます。
弁護士に相談する方のほぼ100%は、現状で返済できない状況にあります。
そのため債務整理以外で解決するのは難しく、借金圧縮後に完済していける方法を選ぶことになります。
カードローンなどの多目的ローンでは、任意整理、過払い金請求などが使える場合が多いです。
高額融資の場合は個人再生、自己破産などを選択する方が多くなります。
債務整理の方法は弁護士と話し合いながら、無理のない方法を模索していきます。

seikatsu04

生活苦から脱出する方法

借金を抱えすぎているという生活苦から脱出する方法はあります。
例えば、債務整理をするということです。
債務整理をするためにはどうすればいいでしょうか?
そういったことが詳しく解説してあるウェブサイトを見るのが早いです。
借金苦から抜け出すためのウェブサイトはこちらです。
言い訳をやめることで癖を直す
言い訳をやめることで癖を直すことが出来ます。
言い訳癖でトラブルになった経験はほとんどの人が経験があることだと思います。
私も会社や友達、彼女と様々な場面でトラブルや口論になりました。
そのたびに癖を直すことができないかと考えたことがあります。
言い訳をしていても、借金苦から抜け出すことは出来ません。
言い訳をやめることが借金苦からの脱出につながる場合もあります。